平成26年1月現在

学歴
平成元年3月 京都大学工学部情報工学科 卒業,
平成3年3月 京都大学大学院工学研究科修士課程 修了,
平成6年3月 同博士課程 単位修得退学.

職歴
平成6年4月 立命館大学理工学部 助手,
平成7年11月 京都大学経済学部 助教授,
平成8年4月 京都大学大学院経済学研究科 助教授(改組),
平成11年4月 京都大学総合情報メディアセンター 助教授,
平成11年4月 京都大学大学院情報学研究科 助教授(兼担, 〜平成14年3月),
平成12年4月 京都大学教育学部 講師 (併任, 〜平成13年3月),
平成14年4月 京都大学学術情報メディアセンター 助教授(改組),
平成16年4月 京都大学大学院工学研究科 助教授(兼担, 〜平成19年3月).
平成19年4月 国立情報学研究所学術ネットワーク研究開発センター 特任教授.
平成19年4月 京都大学学術情報メディアセンター 客員教授(併任, 〜平成23年3月).
平成20年4月 総合研究大学院大学 複合科学研究科 情報学専攻 教授(併任, 〜平成24年3月).
平成24年4月 国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術基盤課 学術認証推進室 特任教授.

学位
京都大学 博士(工学) (平成8年3月)

研究テーマ
・実時間遠隔講義環境
・メッセージ伝送システム
・高速・広帯域データ通信
・ネットワークコミュニケーション
・次世代インターネット
・ベクトル・並列処理
・ネットワークセキュリティ

資格
・第一種情報処理技術者 (1988)
・第二種電気工事士 (1988)
・オンライン情報処理技術者 (1990)
・第一級陸上特殊無線技士 (1994)
・工事担任者(デジタル第1種) (1994)
・電気通信主任技術者(第1種伝送交換、データ通信) (1995)

学会活動
・Internet Society [http://www.isoc.org/] (1992-)
・日本UNIXユーザ会 [http://www.jus.or.jp/] (1992-)
・情報処理学会 [http://www.ipsj.or.jp/] (1993-)
・情報処理学会 高品質インターネット研究会(QAI) 運営委員 (2005-2008)
・情報処理学会 インターネットと運用技術研究会(IOT) 運営委員 (2008-2012)
・情報処理学会 インターネットと運用技術研究会(IOT) シンポジウム2008 プログラム委員 (2008)
・情報処理学会 インターネットと運用技術研究会(IOT) シンポジウム2009 プログラム委員 (2009)
・情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS) 運営委員 (2007-2011)
・情報処理学会 論文誌 サイバーコミュニケーション環境を実現するネットワークサービス特集号 編集委員 (2009)
・情報処理学会 論文誌 分散処理とネットワークサービス特集号 編集委員 (2010)
・情報処理学会 論文誌 分散処理とネットワークサービス特集号 編集委員 (2011)
・情報処理学会 論文誌 危機管理の視点を考慮したインターネットと運用技術特集号 編集委員 (2012)
・情報処理学会 論文誌 オーバーレイを考慮したインターネットと運用技術特集号 編集委員 (2013)
・情報処理学会 論文誌 クラウド時代のインターネットと運用技術特集号 編集委員長 (2015)
・情報処理学会 論文誌 IoT時代のインターネットと運用技術特集号 編集委員 (2016)
・情報処理学会 論文誌/JIP Applications and the Internet in Conjunction with Main Topics of SAINT 2012 特集号 編集委員 (2012)
・情報処理学会 論文誌/JIP Applications and the Internet in Conjunction with Main Topics of COMPSAC 2013 特集号 編集委員長 (2013)
・インターネットコンファレンスプログラム委員(2005-2006)
・インターネットコンファレンス実行委員(2009-2016)
・日本ソフトウェア科学会 [ http://www.jssst.or.jp/] (1993- )
・日本ソフトウェア科学会 関西企画委員会委員 (1995-1999)
・日本ソフトウェア科学会インターネットテクノロジ研究会(WIT)プログラム委員 (1998-2005,2007-2013)
・電子情報通信学会 [ http://www.ieice.org/] (2005-)
・電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ(IA)研究会 専門委員 (2007-2009)
・電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ(IA)研究会 副委員長 (2009-2010)
・電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ(IA)研究会 委員長 (2011-2012)
・電子情報通信学会 英文B論文誌 インターネット特集号III 編集委員 (2001-2002)
・電子情報通信学会 英文B論文誌 インターネット特集号IV 編集委員 (2003)
・電子情報通信学会 英文B論文誌 インターネット特集号V 編集委員 (2004)
・電子情報通信学会 英文B論文誌 インターネット特集号VI 編集委員 (2005)
・電子情報通信学会 和文論文誌(D)編集委員 (2006-2010)
・電子情報通信学会 英文B論文誌 New Challenge for Internet Technology and its Architecture 小特集 編集委員 (2007)
・電子情報通信学会 英文B論文誌 Special Section on Internet Technology and its Architecture for Ambient Information Systems 特集号 編集委員長 (2008)
・電子情報通信学会 和文B論文誌 多様な社会養成に適応可能なインターネットアーキテクチャ特集号 編集委員長 (2011)
・電子情報通信学会 和文B論文誌 ヒト・モノ・データをつなげるインターネットアーキテクチャ特集号 編集委員 (2012)
・電子情報通信学会 和文D論文誌 異文化コラボレーション特集号 編集委員会幹事 (2007)
・電子情報通信学会 和文D論文誌 異文化コラボレーション特集号 編集委員会幹事 (2008)
・電子情報通信学会 和文D論文誌 インターネット技術とその応用特集号 編集委員会幹事 (2009)
・電子情報通信学会 英文D論文誌 Special Section on Architectures, Protocols, and Applications for the Future Internet 特集号 編集委員長 (2011)
・電子情報通信学会 英文D論文誌 Special Section on the Internet Architectures, Protocols, and Applications for Diversified Futures 特集号 編集委員 (2012)
・電子情報通信学会 英文B論文誌 英文アドバイザリ (2011/5-2013/5)
・IEEE Member (2011-)
・The 8th IEEE/IPSJ Internet Symposium on Applications and the Internet (SAINT2008) Web Publicity Co-Chair
・The 9th IEEE/IPSJ Internet Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009) Registration Co-Chair
・The 3rd Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArch 2009) (In Conjunction with SAINT2009) Program Chair
・Fifth International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2010) Program Committee of Internet and Web Computing Track
・The Sixth International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS-2012) Program Committee of E-learning and Groupware Systems Track
・The 10th IEEE/IPSJ Internet Symposium on Applications and the Internet (SAINT2010) Technical Program Committee Co-Chair
・The 2nd Workshop on Compary, Campus and Community Networking - Technology, Management and Ethics (C3NET 2011) (In Conjunction with SAINT2011) Program Chair
・The 12th IEEE/IPSJ Internet Symposium on Applications and the Internet (SAINT2012) General Co-Chair
・The 6th Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArch 2012) (In Conjunction with COMPSAC2012) Program Committee Member
・Track on E-learning and Groupware Systems, The Sixth International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS-2012) in conjunction with IMIS 2012, Program Committee Member
・IEEE The 37th Annual International Computer Software & Applications Conference (COMPSAC2013) Internet Architecture & Applications Track Co-Chair
・The 7th Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArch 2013) (In Conjunction with COMPSAC2013) Program Committee Member
・IEEE The 28th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2014) Program Committee Member of Security and Privacy
・IEEE The 38th Annual International Computer Software & Applications Conference (COMPSAC2014) Networking Track Co-Chair
・IEEE The 39th Annual International Computer Software & Applications Conference (COMPSAC2015) Workshop Co-Chair
・IEEE The 40th Annual International Computer Software & Applications Conference (COMPSAC2016) Workshop Co-Chair
・IEEE The 41th Annual International Computer Software & Applications Conference (COMPSAC2017) Program Co-Chair In-Chief

学内委員等
・立命館大学 理工学部 (びわこ草津キャンパス) 教育研究システム小委員会 委員 (1994-1995)
・立命館大学 理工学部 (びわこ草津キャンパス) ネットワーク小委員会 委員 (1994-1995)
・京都大学 工学部付属高度情報開発実験施設 運用委員会 委員 (1995/11-1997/3)
・京都大学 学術情報システム整備委員会 委員 (1995/12-2002/3)
・京都大学 大型計算機センター 運営委員 (1999/6-2002/3)
・京都大学 総合情報メディアセンター サテライト管理専門委員会 委員 (1997/4-2002/3)
・京都大学 総合情報メディアセンター 一般情報処理教員専門委員会 委員 (1997/4-2002/3)
・京都大学 総合情報メディアセンター ネットワーク管理専門委員会 委員 (1997/4-2002/3)
・京都大学 桂キャンパス検討作業部会 情報ネットワークワーキンググループ (2000/1-2004/3)
・京都大学 情報公開委員会 委員 (2000/12-2002/3)
・京都大学 学術情報メディアセンター KUINS運用委員会委員 (2002/4-2005/4)
・京都大学 スペースコラボレーションシステム事業委員会 委員 (2003/6-2007/3)
・京都大学 学術情報メディアセンター ネットワーク情報システム運用委員会委員 (2004/9-2005/3)
・京都大学 情報環境機構 KUINS運用委員会委員 (2005/4-)
・京都大学 情報環境機構 ネットワーク情報システム運用委員会委員 (2005/4-2007/3)
・国立情報学研究所 ネットワーク運営・連携本部 ネットワーク作業部会 委員 (2007/4-)
・国立情報学研究所 ネットワーク運営・連携本部 認証作業部会 委員 (2007/4-2016/3)
・国立情報学研究所 情報セキュリティポリシー策定WG委員 (2007/10-)
・国立情報学研究所 研修部会委員 (2008/4-2012/3)
・国立情報学研究所 学術認証推進室長 (2015/4-)

学外活動
・WIDEプロジェクト [http://www.wide.ad.jp/] (1991-) 運営協議会委員 (1998-2010)
・日本規格協会(通商産業省工業技術院委託)通信プロトコル標準化委員会 委員 (1992/9-1993/3)
・情報技術開発株式会社 京都ネットワーク技術研究所 客員研究員 (1994-2000)
・近畿通商産業局 近畿公設試情報関連分野共同研究準備会アドバイザ (1996/3-5)
・日本学術振興会 インターネット技術第163委員会委員, [http://www.itrc.net/] (1996/7-)
運営委員 (2004-), DL分科会副査(2004-2006)
・サイバー関西プロジェクト 幹事 [http://www.ckp.jp/] (1997-)
・(財)京都高度技術研究所 客員研究室長 (1999/4-2006/3)
・(財)京都高度技術研究所 VIL運営委員会委員 (1999/4-2007/3)
・京都府教育委員会 光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法開発事業 推進委員 (2000/5-2001/3)
・(財)イメージ情報科学研究所 客員研究員 (2000/5-2002/3)
・(財)経済広報センター 産学バーチャルユニバーシティコンソーシアム運営委員 (2002/4-)
・京都府 情報通信基盤整備に係る業者選考委員会委員 (2002/11-2003/10)
・京都情報基盤協議会 代表幹事 (2003/4-2006/3)
・タケダライフサイエンスリサーチセンター 客員研究者 (2005/5-2006/3)
・慶應義塾大学 SFC研究所 訪問研究員 (2005/11-2007/3) 上席所員(訪問) (2007/4-2010/3)
・一般社団法人 Mozilla Japan 理事 (2011-)

授賞等
・第25回JUSシンポジウム論文賞(日本UNIXユーザ会・日本ソフトウェア科学会), 平成7年.
・第1回 WIDE賞 「CF&smtpfeed」 (WIDEプロジェクト),平成9年.
・第3回 WIDE賞 「Wildboar」 (WIDEプロジェクト),平成10年.
・FIT2004 第3回情報科学技術フォーラム FIT論文賞 (情報科学技術フォーラム推進委員会), 平成16年.
・第54回日本病院学会 優良演題賞, 平成17年.
・FIT2006 第5回情報科学技術フォーラム 船井ベストペーパー賞 (情報科学技術フォーラム推進委員会), 平成18年.
JGN2 利用促進賞(地域貢献優秀賞) JBプロジェクト, 次世代高度ネットワーク推進会議幹事会, 平成19年.
・第20回 WIDE賞 「国際的なIPv6マルチキャストライブ中継」 (WIDEプロジェクト), 平成19年.
・2008年IN研究賞:IN2007-233 (電子情報通信学会 情報ネットワーク(IN)研究会), 平成21年.
・チュートリアル論文賞 (Best Tutorial Paper Award) 「多様なサービスを支えるSINET3の詳細ネットワーク設計」 (電子情報通信学会 通信ソサエティ), 平成21年.
・平成23年度学術研究顕彰, SINET移行推進グループ, 国立情報学研究所長, 平成23年5月.
IOTシンポジウム2012 優秀論文賞 「迷惑メール判定精度向上のためのメッセージ中URLのドメイン登録日検索システム」 (情報処理学会), 平成25年度.
MCPC award 2013 モバイルテクノロジー賞, WiMAXキャンパスネットワーク開発チーム, モバイルコンピューティング推進コンソーシアム, 平成25年4月.
2012年度論文賞 「An Adaptive Route Selection Mechanism Per Connection Based on Multipath DNS Round Trip Time on Multihomed Networks」(情報処理学会), 平成25年度.
・DICOMO2013優秀論文賞, 平成25年8月19日, 情報処理学会 DICOMO2013 プログラム委員会.
・電子情報通信学会 通信ソサイエティ 功労顕彰, 平成25年9月18日.
・IEEE LCN 2013 BEST Paper Award, "PopCache: Cache More or Less Based on Content Popularity for Information-Centric Networking", Oct. 2013.
・DICOMO2015優秀論文賞, 平成27年8月24日, 情報処理学会 DICOMO2015 プログラム委員会.

学位論文
・中村素典:「回帰演算のベクトル化に関する研究」, 京都大学大学院工学研究科, 1995/11.

著書
・中村素典;村井純,吉村伸監修: 3.6「その他の便利なコマンド」, インターネット参加の手引き(1994年度版), 共立出版(bit別冊), 1994/7.
・グループまたたび:「インターネット」情報生活入門, 技術評論社 (1994/10).
・中村素典;村井純,吉村伸監修: 3.3「Anonymous FTP and Archie」, インターネット参加の手引き(1995年度版), 共立出版(bit別冊), 1995/6.
・中村素典;村井純,吉村伸監修: 3.3「Anonymous FTP と Archie」, インターネット参加の手引き(1996年度版), 共立出版(bit別冊), 1996/6.
・中村素典,他著;村井純,吉村伸監修:6.4.1「メール」, インターネットオペレーション, 共立出版(bit別冊), 1999/5.
・中村素典,他著;山口英,鈴木裕信編:1.2.4「sendmail」, 情報セキュリティ, 共立出版(bit別冊), 2000/1.
・中村素典,他著;池田克夫編集;新世代工学シリーズ「コンピュータネットワーク」, 第2章「ネットワークはコンピュータである」,pp. 11-23,オーム社, 2001/1.
・中村素典,他著;インターネットプロトコルハンドブック編集委員会編集; 「最新インターネットプロトコルハンドブック」, 第8.1節「電子メールシステム」, pp. 214-237, 朝日新聞社, 2001/4.
・中村素典:「CFとSendmail」, UNIX MAGAZINE Classic with DVD, pp.76-79, アスキー, 2007/10.
・中村素典,他著, 村井純監修: 日本でインターネットはどのように創られたのか? 第2章 Media-メディア, 「sendmail」, pp. 94-97, インプレスコミュニケーションズ, 2009/3.

学会論文誌論文
・中村素典, 津田孝夫: 自動ベクトル化コンパイラにおけるイディオム認識法, 情報処理学会論文誌 第32巻 第4号, pp. 491-503, 1991/4.
・中村素典, 津田孝夫: ベクトル計算機のための一次回帰演算の高速 アルゴリズム, 情報処理学会論文誌 第36巻 第3号, pp. 669-680, 1995/3.
・八木啓介, 亀田能成, 中村素典, 美濃導彦 :UCLAとの遠隔講義プロジェクト TIDE におけるシステム構成, 電子情報通信学会論文誌D-II, Vol.J84-D2 No.6 pp.1132-1139, 2001/6.
・高倉弘喜, 江原康生, 宮崎修一, 沢田篤史, 中村素典, 岡部寿男: 安全なギガビットネットワークシステムKUINS-IIIの構成とセキュリティ対策, 電子情報通信学会論文誌B, Vol. J86-B, No.8, pp.1494-1501, 2003/8.
・多鹿陽介, 安次富大介, 中村素典, 美濃導彦, 釜江尚彦: ホームネットワークに適した単機能分散型ネットワークドアプライアンス アーキテクチャ, 情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. 9, pp. 2320-2333, 2003/9.
・Shigeya SUZUKI, Motonori NAKAMURA: Domain Name System -- Past, Present and Future --, IEICE Transactions on Communications, Vol.E88-B No.3 pp.857-864 2005/3.
・山井成良,岡山聖彦,宮下卓也,繁田展史,丸山伸,中村素典: 発信者詐称spamメールに起因するバウンスメール集中への対策方法, 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 4, pp. 1010-1020, 2006/4.
・丸山伸, 中村素典, 岡部寿男, 山井成良, 岡山聖彦, 宮下卓也: 動的に応答を変えるDNSを利用した電子メール受信の優先制御, 情報処理学会論文誌, Vol. 47, No. 4, pp. 1021-1030, 2006/4.
・漆谷重雄, 松方純, 阿部俊二, 計宇生, 福田健介, 鯉渕道紘, 中村素典, 山田茂樹: 多様なサービスを支えるSINET3の詳細ネットワーク設計, 電子情報通信学会論文誌B, Vol. J91-B, No.10, pp.1136-1146, 2008/10.
・丸山伸, 小塚真啓, 中村素典, 岡部寿男: アドレス情報の変更通知を集約 できるようにするSCTP ADD-IP機能の改良, 電子情報通信学会論文誌B, Vol. J91-B, No.10, pp.1231-1233, 2008/10.
・山井成良,岡山聖彦,中村素典,清家巧,漣一平, 河野圭太, 宮下卓也: SMTPセッションの強制切断によるspamメール対策, 情報処理学会論文誌, Vol. 50, No. 3, pp. 940-949, 2009/3.
・漆谷重雄, 清水香里, 福田健介, 林理恵, 鯉渕道紘, 田沼浩行, 計宇生, 今井邦弘, 阿部俊二, 井上一郎, 中村素典, 塩本公平, 山田茂樹: レイヤ1帯域オンデマンドサービスシステムの開発, 電子情報通信学会論文誌B, Vol.J92-B, No.7, pp. 1039-1049, Jul. 2009.
・金勇, 山井成良, 岡山聖彦, 清家巧, 中村素典: マルチホーム環境における DNS応答の多重化による自組織宛メール配送の動的経路選択手法, 情報処理学会論文誌 51(3), 998-1007, 2010/3/15.
・Shigeo Urushidani, Kensuke Fukuda, Michihiro Koibuchi, Motonori Nakamura, Shunji Abe, Yusheng Ji, Michihiro Aoki, Shigeki Yamada: Dynamic Resource Allocation and QoS Control Capabilities of Japanese Academic Backbone Network, Special Issue "QoS in Wired and Wireless IP Networks" of the Future Internet Journal, ISSN 1999-5903, MDPI Publishing, 2010/8.
・山井成良, 村上亮, 岡山聖彦,中村素典: 内部ネットワーク上のホストを外部から 識別するためのMACアドレス中継型NATルータ, 情報処理学会論文誌, Vol. 52, No. 3, pp.1348-1356, 2011/3.
・Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka , Noboru Sonehara: User Consent Acquisition System for Japanese Shibboleth-based Academic Federation (GakuNin), International Journal of Grid and Utility Computing (IJGUC), Vol. 2, No. 4, pp. 284-294, 10.1504/IJGUC.2011.042944, 2011/10.
・島岡政基, 片岡俊幸, 谷本茂明, 西村健, 山地一禎, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男: 大学間連携のための全国共同認証基盤UPKIのアーキテクチャ設計(招待論文), 電子情報通信学会論文誌, Vol.J94-B, No.10, pp.1246-1260, 2011/10.
・谷本茂明, 島岡政基, 片岡俊幸, 西村健, 山地一禎, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男: 大学間認証連携のためのキャンパスPKI共通仕様(研究速報), 電子情報通信学会論文誌, Vol.J94-B, No.10, pp.1383-1388, 2011/10.
・金勇, 山口拓哉, 山井成良, 岡山聖彦, 中村素典: インバウンド接続に適用可能なNAT によるマルチホーム化手法, 情報処理学会論文誌, 52(12), pp.3745-3754, 2011/12.
・Yong Jin, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Motonori Nakamura: An Adaptive Route Selection Mechanism Per Connection Based on Multipath DNS Round Trip Time on Multihomed Networks, Electronic Preprint for Journal of Information Processing Vol.20 No.2, 2012/2. (情報処理学会論文誌, 53(3), pp.1882-7764, 2012/3.)
・島岡政基, 西村健, 古村隆明, 中村素典, 佐藤周行, 岡部寿男, 曽根原登: 学術機関のためのサーバ証明書発行フレームワーク (ネットワーク管理・オペレーション, <特集>若手研究者のためのフロンティア論文), 電子情報通信学会論文誌, Vol.J54-B, No.7, pp.871-882, 2012/7.
・西村健, 中村素典, 山地一禎, 佐藤周行, 大谷誠, 岡部寿男, 曽根原登: 多様なポリシーを反映可能な認証フェデレーション機構の実現, 電子情報通信学会論文誌 (インターネット技術とその応用特集), J96-D(6), pp. 1400-1412, 2013/6.
・Yong Jin, Takuya Yamaguchi, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Motonori Nakamura: A Site-Exit Router Selection Method Using Routing Header in IPv6 Site Multihoming, IPSJ Journal of Information Processing Vol. 21, No.3, pp. 441-449, 2013/7.
・Shigeo Urushidani, Michihiro Aoki, Kensuke Fukuda, Shunji Abe, Motonori Nakamura, Michihiro Koibuchi, Yusheng Ji, Shigeki Yamada: Highly available network design and resource management of SINET4, Journal of Telecommunication Systems, Springer US, DOI: 10.1007/s11235-013-9817-8, 2013/8.
・ガーダ, 山井 成良, 岡山 聖彦, 河野 圭太, 中村 素典: レイヤ3スイッチによる動的ホワイトリストを用いた電子メール優先配送システム 情報処理学会論文誌, 55(3), 1151-1159, 2014/3.
・松平拓也, 中村素典, 山地一禎, 西村健, 高田良宏, 笠原禎也: 学術組織間デジタル資料分散共有システム「ARCADE」の開発, 情報処理学会論文誌, 55(5), 1485-1497, 2014/5.
・Nariyoshi Yamai, Masayuki Matsuoka, Kiyohiko Okayama, Keita Kawano, Motonori Nakamura, Masato Minda: Domain Registration Date Retrieval System for Improving Spam Mail Discrimination, Special Issue on Applications and the Internet in Conjunction with Main Topics of COMPSAC 2013, IPSJ Journal of Information Processing Vol. 22 (2014) No. 3 pp. 480-485.
・Hiroyuki Sato, Yasuo Okabe, Takeshi Nishimura, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura: Privacy Enhancing Proxies in a Federation: Agent Approach and Cascade Approach, Special Issue on Applications and the Internet in Conjunction with Main Topics of COMPSAC 2013, IPSJ Journal of Information Processing Vol. 22 (2014) No. 3 pp. 464-471.
・Takeshi Nishimura, Motonori Nakamura, Kazutsuna Yamaji, Hiroyuki Sato, Yasuo Okabe: Privacy Preserving Attribute Aggregation Method without Shared Identifier Binding, Special Issue on Applications and the Internet in Conjunction with Main Topics of COMPSAC 2013, IPSJ Journal of Information Processing Vol. 22 (2014) No. 3 pp. 472-479.
・上田 浩, 中村 素典, 古村 隆明, 神 智也: 倫倫姫プロジェクト - 学認連携Moodleによる多言語情報倫理eラーニング -, 情報処理学会 デジタルプラクティス6(2), pp. 97-104, 2015/4.
・Takeshi Nishimura, Eisaku Sakane, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Kento Aida, Nate Klingenstein: Virtual Organization Platform Interoperability Provides the Long Tail and eScience Environment, Special Issue on Applications and the Internet in Conjunction with Main Topics of COMPSAC 2015, IPSJ Journal of Information Processing Vol. 24 (2016) No. 4 pp. 609-619, 2016/7

機関誌論文
・中村素典: 国際会議とインターネット, 経済論叢 第163巻 第1号, pp. 112-131, 京都大学経済学会, 1999.
・定道宏, 中村素典, 細井真人: インターネット公開講義放送, 経済論叢 第163巻 第3号, pp. 98-113, 京都大学経済学会, 1999.
・子安増生, 郷式徹, 中村素典: 教育学部学生の情報リテラシー教育の最適化に関する研究(I): 入学直後から3カ月後への変化.京都大学高等教育研究, 4, 82-88, 2000.
・子安増生, 林創, 郷式徹, 中村素典: 教育学部学生の情報リテラシーの最適化に関する研究(II): 最終回までに学生が獲得したこと.京都大学高等教育研究,7, 131-143, 2001.
・子安増生, 林創, 西尾新, 中村素典: 教育学部学生の情報リテラシーの最適化に関する研究(III): コンピュータ・リテラシー・テストによる効果の評価, 京都大学高等教育研究,8, 149-165, 2002.

国際会議発表等(査読付)
・Nakamura, M., Okabe, Y., and Tsuda, T.: "New Fast Algorithms for First-Order Linear Recurrences on Vector Computers.", Fifth Workshop on Compilers for Parallel Computers (Malaga, Spain), pp. 167-174, July 1995.
・中村素典: メーリングリストの配送の高速化, 第25回 jus UNIX シンポジウム論文集, pp. 21-31, 1995/7.
・山井成良, 繁田展史, 岡山聖彦, 宮下卓也, 丸山伸, 中村素典: 発信者詐称spamメールに起因するエラーメール集中への対策手法, FIT2004 第3回情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ, 3, 313-316, 2004/9.
・Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Takuya Miyashita, Shin Maruyama, Motonori Nakamura: A Protection Method against Massive Error Mails Caused by Sender Spoofed Spam Mails, Proceedings of the 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2005), pp. 377-383, 2005/2.
・Shin Maruyama, Motonori Nakamura, Yasuo Okabe, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Takuya Miyashita: Priority Control in Receiving E-mails by Giving a Separate Response to Each DNS Query, Proceedings of the 2006 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2006), pp. 90-93, Jan. 2006/1.
・山井成良, 漣一平, 岡山聖彦, 河野圭太, 中村素典, 丸山伸, 宮下卓也: SMTPセッションの強制切断によるspamメール対策手法, FIT2006 第5回情報科学技術フォーラム 情報技術レターズ, 5, 367-370, 2006/9.
・Yutaka Nakano, Motonori Nakamura, Yasuo Okabe: Analysis for Topological Properties of the Network Feeding Usenet News, Proceedings of the 2007 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2007), pp. 14-23, 2007/1.
・丸山 伸, 小塚 真啓, 中村 素典, 岡部 寿男: SCTP のIPアドレス自動更新機能におけるアドレス取捨選択機構, 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム2007論文集, pp. 27-32, 2007/11.
・Shigeo Urushidani, Yusheng Ji, Jun Matsukata, Kensuke Fukuda, Shunji Abe, Michihiro Koibuchi, Motonori Nakamura, Shigeki Yamada, Kaori Shimizu, Ichiro Inoue, Takumi Mori, and Atsushi Osada, Implementation of QoS Control Capabilities in SINET3, Proc. of 4th International Telecommunication Networking Workshop on QoS in Multiservice IP Networks (IT-NEWS2008), Venice, Italy, February 13-15, 2008.
・金 勇, 清家 巧, 岡山 聖彦, 中村 素典, 山井 成良: ALGを用いたマルチホーム環境における自組織宛メール配送の動的経路選択手法, 第1回インターネットと運用技術シンポジウム講演論文集, 情報処理学会, pp.147-153, 2008/12.
・Shigeo Urushidani, Shunji Abe, Yusheng Ji, Kensuke Fukuda, Michihiro Koibuchi, Motonori Nakamura, Shigeki Yamada, Kaori Shimizu, Rie Hayashi, Ichiro Inoue, Kohei Shiomoto, Design of Versatile Academic Infrastructure for Multilayer Network Services, IEEE Journal on Selected Areas in Communications, Vol.27, No.3, pp. 253-267, April 2009.
・S. Urushidani, K. Shimizu, R. Hayashi, H. Tanuma, K. Fukuda, Y. Ji, M. Koibuchi, S. Abe, M. Nakamura, S. Yamada, I. Inoue, K. Shiomoto, H. Tanuma: Implementation and Evaluation of Layer-1 Bandwidth-on-Demand Capabilities in SINET3, Proc. of 2009 International Conference on Communications (ICC2009), 2009/6.
・Toshiyuki Kataoka, Takeshi Nishimura, Masaki Shimaoka, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Noboru Sonehara and Yasuo Okabe (NII, Kyoto University): Leveraging PKI in SAML2.0 Federation for Enhanced Discovery Service, The Third Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArc2009), Proceedings of the 2009 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2009), pp. 239-242, 2009/7.
・K. Shimizu, S. Urushidani, R. Hayashi, I. Inoue, K. Shiomoto, K. Fukuda, M. Koibuchi, S. Abe, Y. Ji, M. Nakamura, and S. Yamada: Evaluation of recovery methods for layer-1 bandwidth on demand service, ECOC2009, 2009/9.
・高原尚志, 中村素典: SIPにおけるDTLS-SRTP fingerprint交換の完全性検証方式, 第11回 インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2010), ソフトウェア科学会 インターネットテクノロジ研究会, 2010/6.
・高原尚志, 中村素典: シグナリングボディの完全性検証方式, マルチメディア、 分散、協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010), pp.976-982. 2010/7.
・Kazutsuna Yamaji, Toshiyuki Kataoka, Motonori Nakamura, Tananun Orawiwattanakul, and Noboru Sonehara: Attribute Aggregating System for Shibboleth Based Access Management Federation, The Forth Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArch2010), Proceedings of the 2010 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2010), pp. 281-284, 2010/7.
・Hisashi Takahara, Motonori Nakamura: Enhancements of SIP Signaling for Integrity Verification, The Forth Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MidArch2010), Proceedings of the 2010 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2010), pp. 289-292, 2010/7.
・Yong Jin, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Motonori Nakamura: An Adaptive Route Selection Mechanism Per Connection Based on Multipath DNS Round Trip Time on Multihomed Networks, Proceedings of the 2010 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2010), pp. 52-58, 2010/7.
・Takumi Seike, Yong Jin, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Keita Kawano, Motonori Nakamura: A Solution for Mail Forwarding Problem of SPF by Tracing Recipient Addresses, Proceedings of the 2010 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2010), pp. 129-132, 2010/7.
・Hisashi Takahara, Motonori Nakamura: Enhancements for A Simple Authenticated SIP Request Management, 9th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2010), pp. 546-547, 2010/8.
・石川義基, 山井成良, 岡山聖彦, 中村素典: HTTP通信におけるプロクシ認証を利用したNATルータ配下のPC識別手法, FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム, 第4分冊, RL-006, pp.31-36, 2010/9.
・Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka, and Noboru Sonehara: User-controlled Privacy Protection with Attribute-filter Mechanism for a Federated SSO Environment using Shibboleth, Proceedings of Fifth International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2010), pp. 243-249, 2010/11.
・Shin Maruyama, Masahiro Kozuka, Yasuo Okabe, Motonori Nakamura: Policy-based IP Address Selection in SCTP Automatic Address Reconfiguration, 1st International Workshop on Protocol and Applications with Multi-Homing Support (PAMS 2011) in conjunction with the 25th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2011), pp. 704-707, 2011/3.
・Shuji Suwa, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Motonori Nakamura: DNS Resource Record Analysis of URLs in E-Mail Messages for Improving Spam Filtering, Proceedings of the 2011 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2011), pp. 439-444, 2011/7.
・Yoshiki Ishikawa, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Motonori Nakamura: An Identification Method of PCs behind NAT Router with Proxy Authentication on HTTP Communication, Proceedings of the 2011 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2011), pp. 445-450, 2011/7.
・Takeshi Nishimura, Motonori Nakamura, Makoto Otani, Kazutsuna Yamaji, Noboru Sonehara: Group Management System for Federated Identities with Flow Control ofMembership Information by Subjects, Proceedings of the Internet in the 36th IEEE Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC2012), (The 6th IEEE International Workshop on Middleware Architecture: MidArch2012) pp.94-99, 2012/7.
・松岡 政之, 山井 成良, 岡山 聖彦, 河野 圭太, 中村 素典, 民田 雅人: 「迷惑メール判定精度向上のためのメッセージ中URLのドメイン登録日検索システム」, 情報処理学会 インターネットと運用技術シンポジウム2012論文集, pp. 16-22, 2012/12.
・Takashi Yamanoue, Naomi Fujimura, Hideo Masuda, Motonori Nakamura: "An introduction to the special interest group on internet and operation technology (SIG-IOT) of information processing society of Japan", Proceedings of ACM SIGUCCS Annual Conference 2012:,pp. 149-152, 2012/10.
・Toyokazu Akiyama, Takeshi Nishimura, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Yasuo Okabe: Design and Implementation of a Functional Extension Framework for Authn & Authz Federation Infrastructure using Web Browser Add-on, Proceedings of 27th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2013), pp.389-396, Barcelona, 2013/3.
・岡部 寿男, 佐藤 周行, 西村 健, 山地 一禎, 中村 素典: 属性提供サーバに対してサービス提供サーバを秘匿する匿名化プロキシ, 情報処理学会 DICOMO 2013 シンポジウム (8F-2), pp. 1958 - 1963, 2013/7.
・高原 尚志, 中村 素典: 信頼できるWebプロキシを用いた安全なVoIP通信の確立方式, 情報処理学会 DICOMO 2013 シンポジウム (8F-3), pp. 1964 - 1969, 2013/7.
・中村 素典, 西村 健, 山地 一禎, 佐藤 周行, 岡部 寿男, 山崎 崇生, 南 剛志, 崎村 夏彦, 情報流通連携のためのオープンなID連携プラットフォームにおけるプライバシー保護機能の高度化, 情報処理学会 DICOMO 2013 シンポジウム (8F-4), pp. 1970 - 1975, 2013/7.
・Motonori Nakamura, Takeshi Nishimura, Kazutsuna Yamaji, Hiroyuki Sato, Yasuo Okabe: Privacy Preserved Attribute Aggregation to Avoid Correlation of User Activities Across Shibboleth SPs, Proceedings of IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2013) Workshops (The 7th IEEE International Workshop on Middleware Architecture: MidArch2013), pp.367-372, 2013/7.
・Hiroyuki Sato, Yasuo Okabe, Takeshi Nishimura, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura: Privacy PEnhancing Proxies in Attribute Releases: Two Approaches, Proceedings of IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2013) Workshops (The 7th IEEE International Workshop on Middleware Architecture: MidArch2013), pp.379-384, 2013/7.
・Takuya Yamaguchi, Yong Jin, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Koki Okamoto, Motonori Nakamura: An Optimal Route Selection Mechanism for Outbound Connection on IPv6 Site Multihoming Environment, Proceedings of IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2013) Workshops (The 1st IEEE International Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks & Applications: ADMNET2013), pp.575-580, 2013/7.
・Gada, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Keita Kawano, Motonori Nakamura: E-Mail Priority Delivery System with Dynamic Whitelist in the Layer 3 Switch, Proceedings of IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2013) Workshops (The 1st IEEE International Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks & Applications: ADMNET2013), pp.581-586, 2013/7.
・Masayuki Matsuoka, Nariyoshi Yamai, Kiyohiko Okayama, Keita Kawano, Motonori Nakamura, Masato Minda: Domain Registration Date Retrieval System of URLs in E-Mail Messages for Improving Spam Discrimination, Proceedings of IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC 2013) Workshops (The 1st IEEE International Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks & Applications: ADMNET2013), pp.587-592, 2013/7.
・Tananun Orawiwattanakul, Hideki Otsuki, Eiji Kawai, Shinji Shimojo, Kazutsuna Yamaji and Motonori Nakamura: Path Selection in Inter-domain Dynamic Circuit Network (DCN) Based on a Probabilistic Link Failure Model, Proceedings of the International Conference on Information Networking 2014 (ICOIN 2014), pp.561-566, 2014/2.
・佐藤 周行, 岡部 寿男, 中村 素典: 認証連携における仮名性を担保したユーザ同一性の確認, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム 論文集 2015(1), pp. 890-895, 2015/7.
・Kazutshuna Yamaji, Motonori Nakamura, Yasuhiro Nagai, Tomohiro Ito, Hiroyuki Sato: Specifying a Trust Model for Academic Cloud Services, 2016 4th IEEE International Conference on Mobile Cloud Computing, Services, and Engineering, 91-99, 2016/3.
・Hiroshi Ueda, Motonori Nakamura: Princess Rin Rin Project : Development and Deployment of Multilingual Security Literacy e-Learning, 5th International Conference on Human Computing , Education and Information Management System (ICHCEIMS 2016), 2016/3.

国際標準等
・Motonori NAKAMURA, Jun-ichiro HAGINO: SMTP Operational Experience in Mixed IPv4/v6 Environments, RFC3974 (Informational), 2005/1.

解説記事
・中村素典: 電子メイルはどうして届くのですか?, 情報処理学会学会誌 第35巻 第12号, pp. 1125-1127, 1994/12.
・中村素典: インターネットの動向, システム制御情報学会誌「システム/制御/情報」 第40巻 第7号, pp. 7-12, 1996/7.
・門林雄基,田中友英,中村素典,植原啓介,佐野晋: 広域・大規模アプリケーションと実験活動, 生きたインターネット研究への取り組みと成果-WIDE Projectの10年-(特集), 情報処理学会学会誌 第39巻 第5号, pp. 421-427, 1998/5.
・中村素典: COP3生中継,映像情報メディア学会学会誌, 第52巻, 第12号, pp. 1776-1778, 1998/12.
・美濃導彦, 中村素典: 情報家電の考え方, 情報処理学会学会誌 第42巻 第11号, pp. 1049-1054, 2001/11.
・中村素典: 送信者認証・課金 (特集「spam メールの現状と対策の動向」), 情報処理学会学会誌 第46巻 第7号, pp. 767-772, 2005/7.
・中村素典: 国際会議SAINTの運営 -SAINT 2011の開催に向けて-, 情報処理学会 学会誌 第52巻 第2号, pp. 225-230, 2011/2.
・山地一禎, 中村素典,曽根原登, 阿蘇品治夫: 研究・教育機関における電子ブック利用拡大のための環境整備 (特集 電子書籍), ITUジャーナル (ISSN 0916-7544), Vol.41, No. 5, 日本ITU協会, 2011/5
・山地一禎, 中村素典: 山形大学からはじまる学認の次世代認証基盤構想, 国立国会図書館 カレントアウェアネス・ポータル, E-1482, 2013/9
・金 勇, 山井 成良, 岡山 聖彦, 中村 素典: 管理の容易なマルチホームネットワークの実現を目指して, 情報処理, 54(8), 818, 2013/7.

翻訳
・原著: Bryan Costales, Eric Allman: "sendmail Desktop Reference", 中村素典訳:邦題「sendmailデスクトップリファレンス」, オライリー・ジャパン, 1997/7.

監訳
・原著: Bryan Costales, Eric Allman: "sendmail" (second edition), 鈴木克彦訳,中村素典監訳: 邦題「sendmailシステム管理」(原著前半), オライリー・ジャパン, 1997/9. 鈴木克彦訳,中村素典監訳: 邦題「sendmailリファレンス」(原著後半), オライリー・ジャパン, 1998/4.
・原著: Deborah Estrin, Ramesh Govindan, John Heidemann: Embedding the Internet, Communications of ACM, Volume 43, Issue 5 (May 2000), Pages 38-82, 中村素典監訳: 邦題 「インターネットの組み込み」, CACM日本語版, Vol. 1.,No. 4, ACM日本支部, 2000.
・原著: Bryan Costales, Eric Allman: "sendmail" (third edition), 鈴木克彦訳,中村素典監訳: 邦題「sendmail第3版 VOLUME1 - 運用編」(原著前半), オライリー・ジャパン, 2004/4. 鈴木克彦訳,中村素典監訳: 邦題「sendmail第3版 VOLUME2 - 設定編」(原著後半), オライリー・ジャパン, 2004/4.
・伊藤真浩訳, Andy Oram, John Viega編: 邦題「ビューティフルセキュリティ」, オライリー・ジャパン, 2010/6 (レビュー協力).

書評
・中村素典:「RPCプログラミング」(John Bloomer著、森島晃年監訳), bit 1995年6月号, 共立出版.

調査報告
・池田克夫,中村素典他:平成4年度通商産業省工業技術院委託 「平成4年度通信プロトコル標準化調査研究報告書」, (財)日本規格協会 情報技術標準化センター, 1993/3.

研究報告
・Motonori Nakamura, Takao Tsuda: "Idiom Recognition on Automatic Vectorizing Compilers", Third Workshop on Comipilers for Parallel Computers, Austria Center for Parallel Computation, (Vienna, Austria), 1991/7.
・中村素典,津田孝夫:「回帰的なデータ参照を伴う演算のベクトル化」, 情報処理学会 第45回全国大会 (発表番号 5-53), 1992/10.
・山本和彦,加藤朗,平原正樹,中村素典,村山優子,出水法俊: "Autonomous System Partitioning and Policy Routing in the Japanese Internet", iNET93, Internet Society (San Francisco, CA), 1993/8.
・村山優子,中村素典,相川秀幸: 経路制御におけるもとのり問題の定義, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会, 93-DPS-60, pp. 195-201, 1993/7.
・中村素典,出水法俊:RIPにおける最適経路選択のためのプレファレンスの導入, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会, 93-DPS-60, pp. 203-210, 1993/7.
・村山優子,相川秀幸,藤原和典,清水亮博,中村素典: プリフェレンスによる経路制御, 情報処理学会 第47回全国大会 (発表番号 1-189), 1993/10.
・村山優子,清水亮博,相川秀幸,藤原和典,中村素典: 域間網経路制御における終端サイトの意思について, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, 1993/11.
・加藤朗,山本和彦,相原玲二,中村素典: 日本のIPインターネットの経路制御方式, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, 1993/11.
・Yuko Murayama, Hideyuki Aikawa, Motonori Nakamura: "The Motonori Problem and Its Solution by Policy Routing", JWCC (The 8th International Jaint Workshop on Comp. Comm. Taipei), 1993/12.
・松高雄一,中村素典,大久保英嗣,大野豊,白川洋充: 分散トランザクションシステム IXIの設計と実現, 情報処理学会 研究報告 Vol.1994, No.64, pp.81-88, 1994/7.
・斎藤彰一,中村素典,大久保英嗣,大野豊,白川洋充: Machの外部ページャによる 分散メモリサーバの評価, 情報処理学会 研究報告 Vol.1994, No.64, pp.137-144, 1994/7.
・戸川敦之,中村素典,大久保英嗣,大野豊: マルチプロセッサシステムのための スケジューリングアルゴリズム, 電子情報通信学会 技術研究報告 CPSY94-109, Vol.94, No.572/573, pp.13-19, 1995/3.
・斎藤彰一,中村素典,大久保英嗣,大野豊: 分散共有メモリサーバの大規模データ処理 への適用と評価, 情報処理学会 研究報告 Vol.1995, No.28, pp.25-32, 1995/3.
・毛利公一,山田博士,中村素典,大久保英嗣: マイクロカーネルLavenderにおける 階層化インタフェース, 情報処理学会 研究報告 Vol.1995, No.79, pp.57-64, 1995/8.
・Y. Okabe, M. Nakamura, and T. Tsuda: "New Fast Algorithms for First-Order Linear Recurrences on Vector Computers", IFIP/WG2.5 INTERNATIONAL WORKSHOP ON CURRENT DIRECTIONS IN NUMERICAL SOFTWARE AND HIGH PERFORMANCE COMPUTING, Kyoto International Community House, 1995/10.
・Hiroshi SADAMICHI, Motonori NAKAMURA, Mahito HOSOI, Yoshio MIY AZAKI: "A Load-share System Configuration for Distance Learning -- In Case of Economics Department of Kyoto University --", The Kyoto University Economic Review, Vol 66, No. 1/2, Whole No. 140/141, pp. 1-6, 1998/3.
・中村素典:ネットワーク管理者の役割と養成について, 電子情報通信学会技術研究報告 FACE97-21, 電子情報通信学会, pp. 1-6, 1998/3.
・中村素典,岡部寿男:京都大学におけるATM-LANの利用と運用, 電子情報通信学会技術研究報告 IN98-125, 電子情報通信学会, pp. 49-56, 1998/11.
・中村素典:電子メールの配信を高速化するSMTPfeedの設計と実装, 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム'99 論文集, pp.27-32, 1999/2.
・八木啓介、亀田能成、中村素典、渡辺正子、美濃導彦:「TIDE: Trans-pacific Interactive Distance Education プロジェクト」, 日本ディスタンスラーニング 学会(JDLA)第1回学術講演会, 1999.
・八木啓介, 亀田能成, 中村素典, 美濃導彦 : "UCLAとの遠隔講義プロジェクト TIDE," インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 第6回総会・研究会報告書, ISSN 1343-3083, Nov. 1999.
・YAGI Keisuke, KAMEDA Yoshinari, NAKAMURA Motonori, MINOH Michihiko, Maha Ashour-Abdalla : "A Novel Distance Learning System for the TIDE Project," Proc. of ICCE2000, vol. 2, pp. 1166--1169, Nov. 2000.
・YAGI Keisuke, KAMEDA Yoshinari, NAKAMURA Motonori, MINOH Michihiko: "A Distance Learning System Structure for the TIDE Project," Proc. of The Third AEARU Workshop on Web Technology, pp.52 -- 59, Aug. 2000.
・八木啓介, 中村素典, 美濃導彦 : "TIDEプロジェクトにおけるネットワーク 遅延と音響制御," インターネット技術第163委員会(ITRC) 第7回総会・研 究会報告書, ISSN 1343-3083, May 2000.
・NAKAMURA Motonori: "TIDE Project - Trans-Pacific Interactive Distance Education -, Pre-Proc. of International Workshop 2001 on Next Generation Internet and its Applications (IWS2001), Part II Applications", pp. 125-141, Feb. 2001.
・Motonori Nakamura, Nobuyuki Takahashi, Tomoyuki Shimizu, Masao KITANO, Takahiko Kamae: ``Low Layer Protocols for Networked Appliances'', 2nd International Workshop on Networked Appliances (IWNA2001), Nov. 2000.
・Hirotaka Nishi, Michihiko Minoh, Motonori Nakamura, Keisuke Yagi, Hisao Watanabe, Yosuke Tajika: ``Autonomous Service Setup Method for AMIDEN'', Proc. of Third International Workshop on Networked Appliances (IWNA2001), pp.135 - 141, March 2001.
・Tomoyuki Shimizu, Motonori Nakamura, Michihiko Minoh, Keisuke Yagi, Hisao Watanabe, Yosuke Tajika: ``Communication Chain Setup Method for AMIDEN'', Proc. of Third International Workshop on Networked Appliances (IWNA2001), pp.142 - 148, March 2001.
・中村素典,八木啓介, 亀田能成, 美濃導彦 : "京大-UCLA遠隔講義プロジェクト (TIDE Project)," 画像電子学会第29回年次大会予稿集, pp. 111-120, 2001/6.
・中村素典, 美濃導彦: ネットワークドアプライアンスアーキテクチャ: AMIDEN, 電子情報通信学会 次世代ネットワークソフトウェア研究会 第3回研究会, Jan. 2002.
・美濃導彦, 中村素典, 八木啓介, 池田克夫, 遠隔教育を実現するシステムと 要素技術, インターネット技術第163委員会(ITRC) シンポジウム2002, Feb. 2002.
・田中清, 山井成良, 岡山聖彦, 宮下卓也, 山外芳伸, 中村素典, 丸山伸: 発信者詐称SPAMメールによるサービス不能攻撃の早期検出 手法, 情報処理学会第64全国大会予稿集, March 2002.
・中村素典, 美濃導彦, 釜江尚彦: ネットワークドアプライアンスアーキテクチャ AMIDEN の考え方, 情報処理学会 情報家電研究グループ 第2回研究会 研究報告 2002-IAC-2, March 2002.
・清水智行, 中村素典, 美濃導彦: 端末同時移動及びNATを考慮したトランスポート層 における移動透過性の実現, 情報処理学会 研究報告 2002-DPS-107 (第107回 マルチメディア通信と分散処理研究会), pp. 25-30, March 2002.
・川西智也, 中村素典, 美濃導彦: 分散環境下でのファイル発見のための転送アルゴ リズム, 情報処理学会 研究報告 2002-DPS-107 (第107回 マルチメディア通信と 分散処理研究会), pp.91-96, March 2002.
・安次富大介, 多鹿陽介, 中村素典, 美濃導彦: ネットワークアーキテクチャAMIDEN におけるアプライアンス間同期制御方式, 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 D-8-4, March 2002.
・中村素典, 八木啓介, 美濃導彦: TIDEプロジェクト (UCLA-京都大学遠隔講義), 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 KD-1-1, March 2002.
・YAGI Keisuke, NAKAMURA Motonori, MINOH Michihiko: Quality Evaluation of the Network for Interactive Distance Learning, Proc. of The First AEARU Workshop on Network Education, pp.1-11, Nov 2002.
・田中清, 山井成良, 岡山聖彦, 宮下卓也, 中村素典, 丸山伸: 発信者詐称SPAMメールによるサービス不能攻撃の早期検出手法, 情報処理学会第64回全国大会講演論文集,2H-2,2002
・岡田健一, 中村素典, 岡部寿男: 公共サービスとしてのネットニュース配送網の 設計と運用, 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム 2003, Jan. 2003.
・江原康生, 高倉弘喜, 宮崎修一, 中村素典, 沢田篤史, 岡部寿男, 金澤正憲: 安全なギガビットネットワーク KUINS-III の構築と運用, 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術シンポジウム 2003, Jan. 2003.
・川西智也, 中村素典, 美濃導彦: メッセージ受信メディアの自動選択システム, 電子情報通信学会 総合大会 講演論文集 D-9-11, March 2003.
・黄穎, 多鹿陽介, 中村素典, 美濃導彦: ホームネットワークにおけるアプライ アンスの相対位置と利用履歴を活用したサービスの提示方式, マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO 2003)シンポジウム論文集, pp. 89-92, June 2003.
・木村美恵子, 藤田裕子, 永田宏, 伊藤篤, 浅見徹, 中川晋一, 中村素典, 木村朝子, 武田隆久: メタデータ化による画像入力型簡易栄養計算システムの開発, 第44回人間ドック学会, August 2003.
・木村美恵子, 藤田裕子, 湯山洋一, 川西知也, 中村素典, 木村朝子, 中川晋一, 永田宏, 伊藤篤, 武田隆久, 浅見徹: メタデータ化画像入力型の簡易栄養計算・評価, 教育システムの開発, ヒューマンインタフェースシンポジウム, 2003/9.
・川西智也, 中村素典, 岡部寿男, 美濃導彦: FECとPath-Diversityを利用した回復可能なストリーミング, 情報処理学会 研究報告, No.2003-DPS-116, pp. 79-84, 2004/1.
・Motonori NAKAMURA: Trans-Pacific Interactive Distance Learning (TIDE), Association of Pacific Rim Universities (APRU) Internationalization Research Workshop, Peking University, 2004/2.
・丸山伸, 中村素典, 岡部寿男, 山井成良: 動的に応答が変化するネームサーバ技術のメール配送エージェントへの応用, 情報処理学会 研究報告, Vol.2004, No.37 (2003-DSM-032), pp.79-84, 2004/3.
・漣一平, 山井成良, 岡山聖彦,宮下卓也, 丸山伸, 中村素典: 遅延評価による分散協調型spamフィルタの検出率向上, 情報処理学会 研究報告, Vol.2004, No.22 (2003-DPS-117), pp.139-144, 2004/3.
・黄穎, 中村素典, 岡部寿男: 公開鍵暗号による電子署名を用いた公衆無線インターネットアクセス方式の提案, ITRC インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 15, 2004/5.
・中村素典, 八木啓介, 岡部寿男: IIDC 1394 Digital Camera over IP による遠隔講義用高品位映像伝送システムの 実装とプロトコル, インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 15, 2004/5.
・中村素典:DNSのスケーラビリティ, 第1回 実空間指向ユビキタスネットワーク ワークショップ, 2004/7.
・木村美恵子, 藤田裕子, 湯山洋一, 川西智也, 中村素典, 中川晋一, 伊藤篤, 永田宏, 木村朝子, 武田隆久, 渡辺裕, 浅見徹: ASP型栄養計算システムの開発, 第24回医療情報学連合大会(第5回日本医療情報学会学術集会), 2004/11.
・木村美恵子, 武田隆久, 湯山洋一, 藤田裕子, 川西智也, 中村素典, 中川晋一, 木村朝子, 永田宏, 伊藤篤, 浅見徹: インターネット対応画像入力型 簡易栄養計算システムの開発, 第54回日本病院学会雑誌 Vol.52, No.3, 2005.
・渡部郁恵, 中村素典, 岡部寿男, 美濃導彦: 複数経路を活用したバーストパケット ロスに強いストリーミングシステム, 電子情報通信学会2005年総合大会 ポスターセッション, 2005/3.
・黄穎, 藤川賢治, 中村素典, 岡部寿男: Security Analysis on Autonomous Distributed Public Wireless Internet, 情報処理学会 第122回 マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会, 2005/3.
・漣一平, 山井成良, 岡山聖彦,宮下卓也, 丸山伸, 中村素典: 宛先不明メールを利用した分散協調型spamフィルタの認識率向上, 情報処理学会 研究報告, Vol.2005, No.39 (2005-DSM-37), pp.79-84, 2005/5.
・Kenji Ohira, Ying Huang, Kenji Fujikawa, Motonori Nakamura, Yasuo Okabe: Security analysis on public wireless internet service models, Proceedings of the 3rd ACM international workshop on Wireless mobile applications and services on WLAN hotspots, pp. 107-110, 2005.
・宮崎修一, 久保浩史, 高見好男, 四方敏明, 櫻井恒正, 山元伸幸, 河野典, 江原康生, 高倉弘喜, 沢田篤史, 中村素典, 岡部寿男, 北野正雄, KUINS接続機器登録データベースの概要, 全国共同利用情報基盤センター 研究開発論文集, No.27 pp.47-51, 2005/10.
・中野豊, 中村素典, 岡部寿男: ネットニュースサーバ群のトポロジーが持つスケールフリー性などの統計的性質, 信学技報 IA2005-14, pp.13-18, 2005/10.
・木村美恵子, 湯山洋一, 中村素典, 藤田裕子, 伊藤篤, 浅見徹, 村上仁巳, 中川晋一, 木村朝子, 松村康弘, 金城芳秀, 友藤弘子, 武田隆久: Ipv6技術を用いた画像入力型栄養管理システム(栄養計算・評価・指導), 第16回日本疫学学会, 2006/1.
・丸山伸, 小塚真啓, 中村素典, 岡部寿男: 複数アドレス対応のためのSocketAPI拡張, 信学技報 IA2005-27, pp.49-54, 2006/1.
・Motoyuki Ozeki, Motonori Nakamura, Yuichi Nakamura: Virtual Assistant -- An Agent Framework for Activating Interactions in Teaching and Learning, 4th International Symposium on Computing and Multimedia Studies Biometrics Authentication Symposium in Kyoto, 2006/1. ・中野豊, 中村素典, 岡部寿男: ネットニュースサーバ群のトポロジーにおける諸性質の分析, 情報処理学会 第2回ネットワーク生態学シンポジウム, 2006/3.
・中村素典: テレビ会議システムを利用した海外との遠隔講義への取り組み, インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 19, 2006/5.
・丸山伸, 小塚真啓, 中村素典, 岡部寿男: アドレス情報の変更通知を集約して再送できるようにするmSCTP拡張, 信学技報 IA2006-16, pp.31-36, 2006/7.
・中村裕一, 中村素典, 藤井滋穂, 津野洋, 荒木光彦: 国際連携による地球・環境科学教育-三ヶ国間の実時間型国際遠隔講義-(京都大学), メディア教育研究第3巻第1号, 独立行政法人メディア教育開発センター, 2006.
・中村素典, 大川恵子, 工藤紀篤, 堀場勝広, 前田香織, 河野英太郎, 石野正英, 畠中翔, 八木啓介: 高品質映像による4地点インタラクティブ・リアルタイム講義の 運営, ADVNET2007 広帯域ネットワーク利用に関するワークショップ, 2007/1.
・渡部郁恵, 岡部寿男, 中村素典: 複数経路を活用したTCP-Friendlyなストリーミングシステム, 信学技報 IA2006-37, pp.37-42, 2007/1.
・清家巧, 土居正行, 岡山聖彦, 中村素典, 山井成良: SMTPセッション強制切断法におけるユーザ単位でのメール受信設定機能の設計と実装, 信学技報 IN2006-203, pp.137-142, 2007/3.
・丸山 伸, 小塚 真啓, 中村 素典, 岡部 寿男: SCTP のIPアドレス自動更新機能におけるアドレス取捨選択機構, 情報処理学会 第12回分散システム/インターネット運用技術シンポジウム —柔らかなサービスを支える技術—, 2007/12.
・中村素典, 大学間連携のための全国大学共同電子認証基盤(UPKI), ワクワクIT@あきば2008, 2008/3/12.
・清家巧, 春國達也, 岡山聖彦, 河野圭太, 中村素典, 山井成良: 迷惑メール判別のための配送経路情報の解析, 信学技法, Vol. 107, No. 525, IN2007-233, pp.443-448, 2008/3.
・高原尚志, 中村素典: ユーザのドメイン移動に対応したSIPにおける発信者特定 手法, 情報処理学会 研究報告, Vol.2008, No.31, 2008-GN-67, pp.67-72, 2008/3.
・前田香織, 中村素典, 大川恵子, 北村俊明, 井上博之: 広帯域ネットワークを 用いた大学間授業コラボレーションの実践, 電子情報通信学会総合大会, BK-1-3, 2008/3.
・谷本茂明, 島岡政基, 片岡俊幸, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男: UPKI共通仕様(アウトソースモデル)の提案, 電子情報通信学会総合大会 BS-8-2, 2008/3.
・島岡政基, 谷本茂明, 片岡俊幸, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男: UPKIプロジェクトにおけるオープンドメインサーバ証明書発行・導入, 電子情報通信学会総合大会 BS-8-3, 2008/3.
・高原尚志, 中村素典: SIPにおける既存のシステムからの移行に対応した ドメイン移動適応型発信者特定手法, 電子情報通信学会 技術研究報告, IN2008-20, Vol.108, No.92, pp.61-66, 2008/6.
・高原尚志, 中村素典: ドメイン移動に適応したSIPにおける受信者のなりすまし 防止機構, 情報処理学会 研究報告 Vol.2008, No.72, pp.35-40, 2008/7.
・中村素典: 多様な大学間連携のためのSINET3VPNサービス, インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 24, 2008/11.
・夏目,樋口,早瀬,岡田,山地,島岡,片岡,谷本,中村,岡部,曽根原: 全国大学共同電子認証基盤(UPKI)の成果と進捗報告, 全国共同利用情報基盤センター研究開発論文集,No.30, pp.92-96, 2008/11.
・Motonori Nakamura, Shigeo Urushidani, SINET3 L1-Ondemand Service Interface, Middleware, 27th APAN Meeting, March 2009.
・清家巧, 岡山聖彦, 河野圭太, 中村素典, 山井成良: 宛先アドレスの変更検出によるSPF転送問題解決手法, 信学技法, Vol. 108, No. 459/460, IA2008-87, pp.119-124, 2009/3.
・中村素典: 大学間認証連携の取り組みと今後の可能性, 第6回国立大学法人 情報系センター協議会 パネルディスカッション「電子メールサービスの アウトソーシングとアカデミッククラウド」, 2009/6/26.
・Kazutsuna Yamaji, Toshiyuki Kataoka, Nishimura Takeshi, Masaki Shimaoka, Motonori Nakamura, Noboru Sonehara, Yasuo Okabe, "UPKI Federation 2009 Pilot Operation", 28th APAN Meeting, 2009/7.
・山地一禎, 片岡俊幸, 中村素典, 曽根原登: シボレスシステムを用いた属性連携基盤の開発, 情報処理学会 研究報告 Vol.2009-FI-96, No.10, pp.1-8, (第96回情報学基礎研究会/第37回ディジタル図書館ワークショップ) 2009/11.
・庄司勇木, 曽根原登, 中村素典, 山地一禎: 共通認証基盤構築の意義と 学術認証フェデレーションの直面する政策上の課題について, 信学技法, Vol. 109, No. IN-362, IN2009-116, pp.35-40, 2010/1.
・古村隆明, 岡部寿男, 中村素典: SAML連携を用いてロケーションプライバシを守るeduroamアカウント利用方式 信学技法, Vol. 109, No. 438, IA2009-109, pp.153-158, 2010/3.
・島岡政基, 西村健, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男: UPKIサーバ証明書プロジェクトにおける証明書自動発行支援システムの開発 信学技法, Vol. 109, No. 438, IA2009-113 pp.225-228, 2010/3.
・西村健, 島岡政基, 中村素典, 曽根原登, 岡部寿男: UPKI証明書自動発行検証プロジェクトのシステム移行における課題と対策, 信学技法, Vol. 109, No. 438, IA2009-114 pp.229-234, 2010/3.
・Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka, Noboru Sonehara: User Level Export Control of Personal Information in a Federated SSO Environment Using Shibboleth, 電子情報通信学会2010年総合大会通信講演論文集2, pp. S124-125 (BS-7-3), 2010/3.
・中村素典,山地一禎,片岡俊幸,岡部寿男,曽根原登: 学術認証フェデレーションにおけるテレビ会議用MCUサービスの試験実装, 電子情報通信学会2010年総合大会通信講演論文集2, pp. S130-131 (BS-7-6), 2010/3.
・高原尚志, 中村素典: SRTPのための鍵交換の安全性を向上させるSIPにおける ドメイン内認証方式, 信学会技報, Vol. 109, No. 476, ICSS2009-64, pp. 13-18, 2010/3.
・山地一禎,中村素典,片岡俊幸,西村健,Tananun Orawiwattanakul,曽根原登, 岡部寿男: 「学術認証フェデレーションGakuninの本格運用」, インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 27, 2010/5.
・中村素典,山地一禎,片岡俊幸,西村健, 庄司勇木, 古村隆明, 岡部寿男: 「学術認証フェデレーションを活用するサービスの展開」, インターネット技術第 163 委員会(ITRC) 27, 2010/5.
・Kazu Yamaji, Motonori Nakamura, Toshi Kataoka, Takeshi Nishimura, Tananun Orawiwattanakul, Noboru Sonehara, Yasuo Okabe: Japanese Federation GakuNin toward the production operation in 2010, TERENA Network Conference (TNC2010), Vilnius, Lithuania, 2010/5/31-6/3.
・Tananun Orawiwattanakul, Kazutsuna Yamaji, Motonori Nakamura, Toshiyuki Kataoka, Noboru Sonehara: User Consent Acquisition System For Japanese Federation (GakuNin), TERENA Network Conference (TNC2010), Vilnius, Lithuania, 2010/5/31-6/3.
・Motonori Nakamura, Takaaki Komura, Yasuo Okabe: Issuing Eduroam Accounts via SAML Federation for Location Privacy Protection TERENA Network Conference (TNC2010), Vilnius, Lithuania, 2010/5/31-6/3.
・諏訪秀治, 山井成良, 岡山聖彦, 中村素典: 迷惑メール判定精度向上を目的とした メッセージ内URLのDNSレコード解析, 情報処理学会 研究報告 Vol.2010-IOT-10, No.10, 2010/7.
・高原尚志, 中村素典: 安全なメディア通信実現に向けてのSIPによる fingerprintの完全性及び真正性検証方式, 信学技法, Vol. 110 No. 191, IN2010-59 pp.91-96, 2010/9.
・中村素典, 山井成良, 藤川和利, 大崎博之, 吉田健一, 岡部寿男, 砂原秀樹, 山崎克之: 国際会議SAINTの開催報告, 情報処理学会研究報告 -インターネットと運用技術(IOT), Vol.2010-IOT-11 No.6, 2010/10.
・Kazu Yamaji, Motonori Nakamura: Current status of Identity Management Federation in Japan, Internet2 2010 Fall Member Meeting (poster presentation), 2010/11.
・Motonori Nakamura, Kazutsuna Yamaji, "Japanese Academic Access Federation in 2010 and our Current Challenges - Development of Attribute Providerfor GakuNin Federation (to provide VO information)", 31st APAN Meeting, 2011/2.
・西村健, 中村素典, 井上仁, 山地一禎, 曽根原登: 「電子書籍閲覧における組織横断型認証のためのグループ管理」, 情報処理学会 研究報告 Vol.2011-IFAT-102, No.5, 2011/3.
・Yamaji, K., Nishimura, T. and Nakamura, M.: Japanese Access Management Federation GakuNin in 2010 and 2011, 2011 Spring Internet2 Member Meeting, 2011/4.
・Kazutsuna Yamaji, Takeshi Nishimura, Motonori Nakamura, Noboru Sonehara, Hitoshi Inoue: Development for a Virtual Organization Platform: GakuNin-mAP and its Case Study in a Japanese Federation (poster presentation), TERENA Network Conference 2011, 2011/5.
・山地一禎, 中村素典, 西村健, 大谷誠, 曽根原登: 電子ブックのグループ閲覧を可能にするPKIを活用したDRM機能の実装, 情報処理学会研究報告. 情報学基礎研究会報告 2011-IFAT-104(5), 1-6, 2011/11.
・西村 健, 中村 素典, 山地 一禎, 大谷 誠, 岡部 寿男, 曽根原 登: 日本における学術認証フェデレーション“学認”の展開, 大学ICT推進協議会2011年度年次大会論文集, 2011/12.
・Motonori Nakamura, Kazutsuna Yamaji: Update on Japanese Federation GakuNin in 2011, 32nd APAN Meeting, 2011/8.
・西村健, 中村素典, 山地一禎, 大谷誠, 岡部寿男, 曽根原登: 日本における学術認証フェデレーションとその役割および効果, 信学技法, Vol. 111 No. 375, IA2011-55 pp.5-8, 2012/1.
・Motonori Nakamura, Kazutsuna Yamaji: Update of Japanese Academic Access Management Federation GakuNin in 2011, 33rd APAN Meeting, 2012/2.
・秋山豊和, 西村健, 山地一禎, 中村素典: Webブラウザ拡張を用いた認証連携 基盤の機能拡張フレームワークの提案, 信学技法, Vol. 112, no. 90, IA2012-3, pp. 13-18, 2012/6.
・Kalika Suksomboon, Yusheng Ji, Michihiro Koibuchi, Kensuke Fukuda, Shunji Abe, Motonori Nakamura, Michihiro Aoki, Shigeo Urushidani, Shigeki Yamada: Incentive Driven Inter-Domain Caching Mechanism for Future Network Design, IEICE Technical Report CQ2012-18 (2012-7), pp. 5-10, 2012/7.
・Kazutsuna Yamaji and Motonori Nakamura: Make maximum use of trusted student attribute in Japanese Academic Identity Federation GakuNin, 34th APAN Meeting, 2012/8.
・山井成良, 諏訪秀治, 岡山聖彦, 中村素典, ガーダ, 河野圭太: DNS問合せの応答に基づくspamメール判別システムの設計と実装, 情報処理学会研究報告. インターネットと運用技術研究会報告 2012-IOT-19(6), 1-6, 2012/9.
・高原尚志, 中村素典: SIPを用いたSRTPの共有鍵交換における課題, 信学技法, Vol. 112, No. 352, IN2012-136 pp.85-90, 2012/12.
・Motonori Nakamura: PEOFIAMP: Privacy Enhancements for Open Federated Identity/Access Management Platforms, 35th APAN Meeting, 2013/1.
・高原尚志, 中村素典: 信頼できるWebプロキシを用いた安全なVoIP通信の検証方式, 信学技法, Vol. 112, No. 404, MoMuC2012-43 pp.19-24, 2013/1.
・中村 素典, 西村 健, 山地 一禎, 佐藤周行, 岡部寿男: 学割サービス実現のためのSAML-OpenIDゲートウェイの試作, 情報処理学会研究報告, インターネットと運用技術研究会報告 Vol. 2013-IOT-21, No. 28, pp. 1-7, 2013/5.
・中村 素典, 西村 健, 山地 一禎, 岡部 寿男: 認証フェデレーションに対応したテレビ会議MCU予約システムFaMCUsの開発, 情報処理学会研究報告, インターネットと運用技術研究会報告 Vol. 2014-IOT-24, No. 4, 1-6, 2014/2.
・岡部 寿男, 佐藤 周行, 山地 一禎, 中村 素典: 属性情報と認可条件を相互に秘匿する認証連携プロキシ, 信学技法, Vol. 113, No. 443, IA2013-88 pp.67-72, 2014/2.
・河野 圭太, 中村 素典: Shibboleth IdPにおけるLoAを考慮した認証方式グループ化機能の開発 情報処理学会研究報告, 2014-IOT-26(2), 1-6, 2014/6.
・中村 素典, 西村 健, 山地 一禎: UPKIパス:FCFキャンパスカードと証明書ストアサーバとの連携による クライアント証明書活用システムの改良, 情報処理学会研究報告2015-IOT-29(30), pp. 1-8, 2015/5.
・上田浩, 中村素典: 倫倫姫アップデート2015: 学認連携Moodleの利用拡大と運用の改善, 2015年度 大学ICT推進協議会年次大会 一般セッション [1D3-4] , 2015/12/2.

インタビュー記事
・特集: UNIXのフリーソフトを使いたい!, インタビュー: FTPサイトってどんなところ, ソフトウェアデザイン 1993年8月号, 技術評論社, 1993/7.
・達人のツール:「手にタコを作りましたが, いいソフトができました」, 日経ネットワーク No.011, 日経BP社, 2001/3.

取材協力
・図解!必修テクノロジー「電子メール」, 日経SYSTEMS 2010年10月号, pp.72-77, 日経BP社, 2010/9.

特許
・出願番号:特願2002-191228, 公開番号:特開2004-038320, 発明者:木村美恵子, 中村素典, 発明の名称:「栄養成分算出方法、食生活管理方法、栄養成分算出システム、栄養成分算出装置、食生活管理装置、コンピュータプログラム及び記録媒体」, 出願人:医療法人医仁会, 関西ティー・エル・オー株式会社, 出願日:平成14年6月28日

関連研究プロジェクト
TIDEプロジェクト (京都大学/UCLA/NTT, 1998-2004).
・網電技術委員会(財団法人 イメージ情報科学研究所, 1999-2002)
・日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業 理工領域「知的で動的なインターネットワーキング」研究分野 「自己組織型ネットワークインフラストラクチャ」(コアメンバー, 1999-2003)
・網電研究会(財団法人 イメージ情報科学研究所, 2002-2004)
・通信・放送機構 JGN一般利用プロジェクト JGN-G11004:JBプロジェクト(慶應義塾大学他, 1999/4-2003/3)
・通信・放送機構 JGN一般利用プロジェクト JGN-G13010:双方向遠隔講義環境の構築及び運用管理に関する研究 (京都大学他, 1999/6-2003/3)
・情報処理推進機構 家庭等の情報化推進事業: 情報家電をネットワーク化するネットワークドアプラアンスアーキテクチャの開発 (イメージ情報科学研究所, 1999-2000)
・通信・放送機構 ギガビットネットワーク利活用研究開発制度「IPv6技術を用いた健康栄養学情報のメタデータ流通に関する研究開発」 (タケダライフサイエンスリサーチセンター, 2001/4-2004/3)
・情報通信研究機構 JGN2一般利用プロジェクト JGN2-A16001:JBプロジェクト (慶應義塾大学他, 2003/4-)
・情報通信研究機構 JGN2一般利用プロジェクト JGN2-A16008:遠隔講義のためのコミュニケーション状況とネットワーク状況に動的に適応する品質制御方式に関する研究開発 (京都大学他, 2003/4-2008/3)
・Cisco University Research Program: Path Selection Scheme for Stream Control Transmission Protocol (Kyoto University, 2006-2007)
・文部科学省大学改革推進等補助金 現代的教育ニーズ取組支援プログラム: 国際連携による地球・環境科学教育-アジア地域の大学との同時進行型連携講義の構築と実践-, 京都大学大学院工学研究科 (2004-2007)
・文部科学省特別教育研究経費: 大学間連携のための全国共同電子認証基盤構築事業, 国立情報学研究所 (2006/4-2009/3)
・情報通信研究機構 JGN2plus一般利用プロジェクト JGN2P-A20010:広帯域ネットワークを用いた大学間授業コラボレーションの実践 (広島市立大学他, 2008/4-2011/3)

システム開発・運用等
・日本国内における Archie サービスの運用 (archie.kyoto-u.ac.jp/archie.wide.ad.jp, 1991-2001)
・FTPMail システムの開発と運用 (ftp.kuis.kyoto-u.ac.jp, 1991-1998)
・IRC Server (irc.kyoto-u.ac.jp等) の運用 (1991-2000)
・sendmail.cf生成ツールCFの開発 (1993-1998)
・sendmailのWIDE版パッチの作成と配布 (1993-2002)
・SMTPfeedの開発 (1997-2003)
・第5地区ネットワークコミュニティ(NCA5)のネットワーク運用支援 (1995-)
・京都大学: KUINSネットワークの運用支援 (1995-)
・京都大学: 学内遠隔講義システムの運用支援 (1999-2006)
・京都大学: 教室予約システムの開発および運用 (2001-2009)
・京都大学: 高精細遠隔講義システムの設計および運用支援 (2003-2007)

ネットワーク構築支援等
・iNET92 国際会議ネットワーク提供支援, 神戸国際会議場, 1992/6.
・Networld+Interop'94 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 1994/7.
・Networld+Interop'95 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 1995/8.
・APEC Internet 構築, APEC95 大阪会議関係会場, 1995/11.
・Networld+Interop'96 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 1996/7.
・Networld+Interop'97 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 1997/6.
UNFCCC COP3 (地球温暖化防止京都会議) インターネットライブ放送, 京都国際会館, 1997/12.
・Networld+Interop'98 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 1998/6.
UNFCCC COP4 (地球温暖化防止アルゼンチン会議) インターネットライブ放送, ブエノスアイレス, アルゼンチン, 1998/11.
・Networld+Interop'99 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 1999/6.
・Networld+Interop'2000 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 2000/6.
・Networld+Interop'2001 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 2001/6.
・通信・放送機構 JGN IPv6 ネットワーク運用支援(近畿-3), 2001/9-2004/3.
・Networld+Interop'2002 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 2002/7.
・京都市立紫野高等学校グローバル・コラボレーション・プロジェクト, 2002.
・情報通信研究機構 JGN2 IPv6 ネットワーク運用支援(近畿-5), 2003/4-.
・Networld+Interop'2003 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 2003/7.
・Networld+Interop'2004 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 2004/6-7.
・APRICOT2005 国際会議ネットワーク構築, 京都国際会館, 2005/2.
・Interop'2005 Tokyo 展示会ネットワーク構築, 幕張メッセ, 2005/6.
・UNS2005(ユビキタスネットワークシンポジウム)/KJUS2005(1st Korea-Japan Joint Symposium on Ubiquitous IT System) ネットワーク支援, 京都国際会館, 2005/11.
・Interop'2006 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2006/6.
・第30回全国高等学校総合文化祭 開会式(京都国際会館) インターネット中継(SD/HD), 2006/8.
・20th CODATA International Conference (中国 北京) / IAUD2006 (第2回国際ユニバーサルデザイン会議, 京都国際会館) インターネット中継パネルディスカッションの支援, 2006/10.
・第22回京都賞 (稲盛財団) 授賞式/記念講演会(京都国際会館) インターネット中継, 2006/11.
・GIS-IDEAS2006国際会議(ベトナム ホーチミン市) / 21世紀COEプログラム国際シンポジウム(京都大学) 「総合的地域研究の新地平:アジア・アフリカからディシプリンを架橋する」 ジョイントシンポジウムのインターネット中継支援, 2006/11.
・Interop'2007 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2007/6.
・ACM SIGCOMM 2007 ネットワーク提供支援, 京都国際会館, 2007/8.
・第23回京都賞 (稲盛財団) 授賞式/記念講演会(京都国際会館) インターネット中継, 2007/11.
・Interop'2008 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2008/6.
・Interop'2009 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2009/6.
・Interop'2010 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2010/7.
・Interop'2011 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2011/6.
・Interop'2012 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2012/6.
・Interop'2013 Tokyo 展示会ネットワーク構築(NOCアドバイザリメンバ), 幕張メッセ, 2013/6.